査定価値を左右する!賢い切手の保管方法

色々な形状の切手を収められるストックブック

切手収集をする時に必要な物は何かと考えた場合、ピンセットやストックブックがあれば大切な切手を取り扱うのに便利です。
ピンセットと言っても、先端が尖ったものではなく、先端部分が平らになっているピンセットを利用する事で、切手を取り扱う際に傷を付けずに済みますし、こうした道具は切手の専門店に行けば入手が可能です。
切手の数が多くなってくると、整理するのも楽しみに繋がりますが、切手を保管しておく事が出来るのがストックブックです。
ストックブックは、切手を入れておく事が出来るポケットが付いているアルバムで、厚みのある台紙にパラフィン紙やフィルムなどが張り付けられていて、そこにポケットが設けられています。
ポケットに切手を入れておけば、大切な切手の保管も安心です。

ストックブックの中にはページを足せるものもあります

ストックブックは文房具店や切手の専門店などで購入が出来ますが、サイズなどが色々とあるので便利なものを選ぶようにします。
一般的なストックブックは、切手のサイズに合わせて数種類のポケットが付いていますが、切手シートなどを入れる場合には、シート専用のストックブックが用意されています。
また、綴じられているので、新たにページを追加する事は出来ませんが、ストックブックの中にはページを足す事が出来るタイプもあります。
ファイルと台紙が別売りになっているものを利用すれば、ファイルに収まるだけ台紙を足していけますし、台紙には7段のポケットが付いているタイプ、切手シートを収めるタイプ、3段ほどのポケットや2段ポケットなどは小型シートを入れる時に便利です。