普通切手でも買取は可能?

買取り可能で高い買取り率になる条件がある!?

記念切手などの発売期間や発行枚数が限られている切手はその希少的価値から高値で買取られることも多いのですが、普通切手についてはどうなのでしょうか。
普通切手は郵便局に行けばどの額面のものでも常に用意されている切手であり、希少性のある記念切手と違って簡単に入手できます。そのため、普通切手は切手買取りの場において取り扱いができないと考えられることも多く、使いきれない切手を持て余しているケースも多々あるのです。
しかし、実際には切手買取りを行うお店において、普通切手を買取ってもらうことは可能な場合が多いと言えます。特にシート単位になったものは換金率が高い傾向にあり、バラになったものより有利な条件で買取ってもらうことが可能です。

希少価値のある普通切手ならより高額での買取りも…

一般的には記念切手などより換金率が低い普通切手ですが、条件によっては高額で買取ってもらえることもあります。
例えば、普通切手でも既に発行が終了している古いものの中に現在では入手困難なものがあり、その場合には買取り額が高くなるケースもみられます。その上、先に述べたシート単位などで残っている場合にはより買取り額が上がることもありますので、シート単位の古い切手を持っている場合は安易に使わないほうが良いでしょう。
また、プリントロスと言われる切手はとても希少価値が高く、収集家の間でも人気の高い切手です。プリントロスは通常では発行前の段階で検品されて一般には出回りません。ですので見つかることはかなり少ないのですが、万が一入手できた場合には現行の切手であっても高額での買取りが期待できます。